【朝礼】すぐに使えるスピーチ例文を 751件お届け!【3分間】

 

今日は、「改善」の大切さについてお話ししたいと思います。 大手自動車メーカーが、1台でも多く1秒でも早く自動車を生産するために、「改善」に繰り返し取り組み、全社活動として行っています。 その考えが異業種にも展開され、世界で「KAIZEN」と盛んにいわれた時期も…

続きをみる

最近、知り合いから面白い事を聞きました。 マーフィーの法則というやつです。 アメリカ空軍の実験が由来のようです。 本などにもまとめられてり、ユーモラスなジョークとして広く親しまれているようです。 幾つか例を挙げてみます。 「失敗する余地があるなら、失敗する」 …

続きをみる

今回の朝礼のテーマ「梅雨」についてお話ししたいと思います。 「梅雨」は皆さんもご存知のように「梅」に「雨」と書いて「つゆ」と読みますが、この「梅雨」の由来をご存知でしょうか。 今日は「梅雨」の由来を調べてみましたのでご紹介したいと思います。 「梅雨」の由来は諸…

続きをみる

即行という言葉をご存知でしょうか。 即行とは気づいた時に間を置かずにその物事をすぐに行うことです。 この即行は仕事を進めていくうえで非常に大事で、成功するために欠かせない要因ともいわれています。 この仕事終わらせといてねと上司などに言われることはあると思います…

続きをみる

「上善如水」という言葉があります。古代中国の哲学者・老子の言葉で、最上の善は水の如しと読みます。 最上の善とは争いのない生き方だそうで、出世や金儲け、権力や名声の為に争う事の愚かしさを説いています。 水は高みから流れ下り、低い所に溜まります。 人の行き方もそん…

続きをみる

日本は平均寿命が世界トップレベルの長寿大国です。 しかし、高齢者の中には認知症や寝たきりの状態にあるなど日常生活に支障のある人もたくさんいます。日本人の認知症発症率は同年齢のアメリカ人や東アジア人と比べて高く、世界一であると位置付けている著書もあります。日本に…

続きをみる

65歳未満で発症する認知症を、「若年性認知症」と言います。 若年性認知症の方は、社会的役割が大きい世代であり、認知症になって職を失うと経済的問題が大きくなります。 また、配偶者が家庭内の多くの役割と介護を担うことが多く、身体的、精神的、経済的な介護負担が大きい…

続きをみる

一般的に超高齢社会とは、総人口に占める65歳以上の人の割合(高齢化率)が21%を超えた社会のことを言います。 日本は2007年にすでに移行しており、現在ではさらに高齢化の進んだ社会となっています。 2025年には75歳以上の後期高齢者の全人口に対する割合が18…

続きをみる

こんな諺がどういう意味か分かりますか? チャンスを捕らえようとするならば、チャンスに唯一生えている前髪を前から掴むしかない、というものです。 チャンスが自分の前を一旦通り過ぎてしまうと、もう掴むところが他にないチャンスは逃げ去ってしまうのです。 人は往々にして…

続きをみる

安全第一、安全が一番と言われていますが、正直、我々日本人は安全がなんなのか分からないのではないのかと最近感じます。 なぜ、分からないと感じるのか、それは日本が安全な国家だからです。 以前、私は海外から来た人と話す機会がありました。 そこでなんで日本に来たの?と…

続きをみる

皆様は、LINEやTwitterなどのSNSはご利用になられているでしょうか? 私はアカウントこそ作ったものの放置しているものも多々あるのですが… 先日、私の元にショートメールで「お客様のTwitter認証番号は何何です」と、6桁の数字が記載されたメッセージが…

続きをみる

先日、乳幼児の怪我についてのお話を聞きに行く機会がありました。 子どもというのは、大人が予想もしていない動きをしますし、動けないと思っている赤ちゃんがある日突然寝返りができるようになっていたりで、親としては嬉しい反面、安全対策をしっかりしないといけなくなります…

続きをみる

仕事をしているとなかなか体を動かす機会が減ってくる、もしくは全く動かさない、という人もいると思います。 まずい!と感じている人ほどいきなり走り込みをしたり過度な筋トレをしたり、危険な運動方法を行いがちです。 テレビでもウォーキング・フットサルなど、いろいろ身近…

続きをみる

仕事でも何でも、安全第一に考えて無理をしないという人もいます。それとは反対にあえて危険を承知で何事かに挑む人もいます。どちらを選ぶにせよ。そこに内包する危機がそれを行う前から分かっていたら、それはもうすでにリスクではないのです。 つまり、リスクとはそれが起こる…

続きをみる

安全、安全と口では安全という言葉をよく使うにもかかわらず、多くの人は安全とは何かと聞かれると多くの場合は危険ではない状態とか辞書的な意味を答えます。しかし、それでは言葉の意味は確かになんとなく分かったつもりになることはできるかもしれませんがただそれだけです。 …

続きをみる

皆さんは普段からどれだけ安全について考えていますか?考えているという方はどれくらいいらっしゃるでしょうか? 私の場合、安全については、なるべく意識的に考えるようにしています。どうして意識的になのかというと、そうしなければ、人間はなかなか安全ということに対して考…

続きをみる

会社にとって、社員の皆さんが安全で、安心して働いていただくことが重要です。 皆さんが安全に働くには、一人ひとりの安全が必要不可欠です。「1人くらい」などと考えてはいけません。 例えばの話ですが、仕事中に何らかの事故により、欠員が一時的に出たとします。その場合、…

続きをみる

今日、朝あいさつを交わした同僚は何人いますか?その同僚の中で鼻毛出てる同僚はいませんでしたか? ひげの剃り残しがある同僚はいませんでしたか?朝ごはんで服を汚してる同僚はいませんでしたか? もしかしたら、今の話の中で「自分が当てはまってしまうかも、もしかしたら」…

続きをみる

仕事には、何事にも期限のいうものがついて回ります。私たちも毎日、期限を意識して時間に追われています。 一方で、仕事には求められる成果というものがあり、成果の伴わない仕事には意味がありません。時間制約がある中で成果を上げ、お客様の信用を得て次の仕事の受注に繋げる…

続きをみる

安全に作業することは、どんな仕事においてもとても重要なことです。現場でのケガや事故についてだけでなく、顧客や業者とのトラブルもある意味では「心の安全」を脅かしますし、安全管理を怠ったがために生まれた小さなミスが、大きな損失を生んでしまうこともあります。安全管理…

続きをみる

先日の休日、お隣からお母さんと男の子の言い争う声が聞こえてきました。 男の子は何かを外せと要求し、お母さんは危ないから駄目だと反対している様子です。 そっと窓から覗いてみると、お母さんと男の子の間には、補助輪付きの子供用自転車がありました。 お隣の男の子は小学…

続きをみる

事務仕事、重たい荷物の上げ下げなどをし続けていると男女共に誰かしら通る道があるのをご存知ですか? 知ってる方などいらしたら手を上げて欲しいです。 有難うございます、それは腰痛です。 俺は大丈夫!私は大丈夫!とまだまだ若いからと油断をしていると、それは突然あなた…

続きをみる

皆さんの日々の睡眠時間はどのくらいでしょうか?日本で働く人間のほとんどが、6〜7時間と答えており、全体のおよそ6割の社会人と言われています。 さて、この6〜7時間というのは適正な睡眠時間なのでしょうか? それでは、世界規模のお話をします。世界的に見ると、日本で…

続きをみる

日本ではひと昔かふた昔まできれいな水と安全はただだと思われた非常に恵まれた時代がありました。しかし、現在ではきれいな水がペットボトルに入れられ販売されているのを不思議に思う人がいないのと同様に安全もお金を払うのが当たり前になるということが前々から気づいていた人…

続きをみる

今日の朝礼では私が健康管理で心掛けていることについてお話します。 社会人の基本である自己管理。健康であることが働く上で一番大切なことだと思っています。 何事も体が資本です。 安全に働く為には健康な体づくりが大切。私は特にバランスのよい食事と適度な運動を 心掛け…

続きをみる

 新しい作業を行う際、はじめは慎重に行うので事故やミスなく安全に作業すると思いますが、そのうち、作業に慣れてしまい、ミス等をしてしまったことは、作業に携わる人であれば一度はあると思います。  自分もそうでした。自分の経験上、そのようなミスが出る時期は、作業を始…

続きをみる

今日は、安全について、お話させていただきます。 辞書を引くと、「安全」とは、 あぶなくないこと。また、無事であること。 と載っています。 例文として、安全な場所に避難する。安全運転。とあります。 今、職場で、安心して、お仕事できるということは、 安全だからです…

続きをみる

コピー用紙で手を切ってしまったという経験があります。何気なく手に持っているだけなのに、ほんの少し角度が変わっただけで、びっくりするほど鋭利なものに変わってしまいます。これはちょっとした事故です。 いつも何気ない会話をしている同僚に冗談のつもりで言った一言が原因…

続きをみる

安全に作業することは、どんな仕事においてもとても重要なことです。現場でのケガや事故についてだけでなく、顧客や業者とのトラブルもある意味では「心の安全」を脅かしますし、安全管理を怠ったがために生まれた小さなミスが、大きな損失を生んでしまうこともあります。安全管理…

続きをみる

今朝、ここに来る途中、私は女学生さんと曲がり角でぶつかってしまいました。遅刻してしまいそうだったのでしょうか。走り去る彼女を見送ってふとぶつかったあたりに手をやると、私の服には食パンのジャムがついていた・・・。 というのは冗談ですが、皆さんの頭の中には情景が思…

続きをみる

よく言いますよね。安心と安全をお届けしますって言葉。 そういう言葉を耳にするたび、どうも説得力がないなって思うんですよね。 なぜかって言うと、どう安心で安全なのかがわからないからです。 そこで僕らがどういうものに対して安心や安全を感じるのか考えてみたんですよね…

続きをみる

安全は日常にあふれています。しかし、それは誰かが提供してくれたものです。 例をあげれば水の安全、交通の安全、住宅の安全など、これらは人々の仕事によって提供されているものです。 日々の業務の中で繰り返される安全確認、点検、修繕によって維持されています。 これらの…

続きをみる

学生時代に教授に聞かれたのが「安全と安心の意味って同じだと思う?」ということでした。当時の私は「ほとんど一緒なのでは?」と答えたのですが、実は似て非なることだと知ったのです。 安全に関しては「自分達が注意をすれば基本的には達成できること」という意味です。自分達…

続きをみる

最近、子どもの安全について考えることが多くあります。 小さな子どもは、大人が思ってもいない動きをして怪我をしてしまうことがあります。 大きな怪我をしてから、「あのとき、もっと気を付けていれば」と後悔するのは遅すぎます。 そこで、日頃からの安全について考えてみる…

続きをみる

我が家では、小さな子どもがいるため、家の中の安全について考えることが多くなってきました。 普段、何気なく使っているところでも、子どもの目線になってみると、転けたときに尖ったものがないか、上からものが落ちてきたときに頭に当たって痛いものはないか、など、自分の目線…

続きをみる

安全を考えた時、思い浮かぶのは車を運転している時です。 高齢者ドライバーが多くなり、自分がいくら気を付けていても巻き込まれてしまう恐れがあるからです。 どうしたら事故は防げるのか?と考えた時、譲り合う精神が必要になります。 人間はミスをする生き物ですが、どうし…

続きをみる

日本のサラリーマンは通常会社に通勤して仕事をしています。今は在宅勤務も増加していますが、それでもほぼ大半の人は会社に通勤していると言えます。 遅刻しそうな朝の通勤時、信号無視や踏切をギリギリで横断してしまったという経験は誰にでもあるでしょう。電車であれば駆け込…

続きをみる

大学受験において確実かつ安全に合格できる受験校のことをすべりとでめという表現を使ってあらわすことがあります。予備校などがやっている模擬試験では志望校判定なるものがあり、上からA、B、C、D、E判定が出ます。それに受験科目が足りない場合にもう一つありますが、ここ…

続きをみる

日本という国は世界から見るとけっして安全な国とはいえません。もちろん、この安全ではないといっても治安が悪いとか、そういう意味の安全ではないということはではなく、日本は大地震が必ずおこるので、それを指して安全ではないといっているのです。 首都圏直下型地震、東海地…

続きをみる

安全な投資と存在するのでしょうか。 株式投資は常にリスクと隣りあわせなので、安全な投資先などないと思っている人は多いのかもしれません。確かにPERが100倍を超え、PBRも10倍を超えるようなイケイケどんどんの値上がりをみせる会社の株式をこれから購入するという…

続きをみる

日本語にはいろいろな挨拶があります。 たくさんの海外からの観光客や仕事関係の相手、一緒に仕事をする仲間。 どんな人であっても、挨拶の言葉ひとつで笑顔が生まれるのではないでしょうか。 笑顔は緊張をほぐして、協調する心を導いてくれるという素晴らしいツールでもありま…

続きをみる

仕事をする際には、未来がどうなりそうか?という想像力を上手く発揮できると、画期的な商品やサービスを作ることができます。 想像力というのはビジネスにおいて非常に重要な要素と言えるのです。 そして、この想像力というのは日ごろの生活の中における安全面に関しても重要な…

続きをみる

「安全」というのは、100%を実現することはおよそ不可能でしょう。 しかし、その100%に近づけるための努力をすることは可能で、そういった努力をしないでいると人は後悔することがあると思うのです。 安全を怠った場合、取り返しのつかない事態を招くことがあります。 …

続きをみる

こういったスピーチもそうですが、人前で話すことが苦手という人は案外多いのではないでしょうか。 またそれと同時に人前で話すのは苦手だけど人前でうまく話せるようになりたいと思っている人も多いです。 家族や友人などの親しい間柄や心を許せる人との会話では何の問題もなく…

続きをみる

私は、社会人になるまでは、夜更かしをしたり、朝起きるのが遅かったりしていて、夜型の生活リズムが身についてしまっていました。 そのため、朝起きるのがつらく、寝坊もほとんど毎日してしまっていて、社会人になりかけてからは大変な思いをしました。 夜型の体質を変えるため…

続きをみる

私がこれまでの経験において、好きなことや興味のあることなど、気になり出したらチャレンジするようにしています。 そのなかで、本当に自分に向いているのかを意識して、続けられるものとそうでないものを判断して、身につくものを継続していくようにしています。 そんなときに…

続きをみる

最近誰かと一緒に食事をしたでしょうか。 1人暮らしを始めると華族らと食事を共にすることが減り、一人で食事をとることが増えた方もいると思います。 最近は油控えめ、カロリーオフなど健康に配慮した商品がスーパーなどで多く見かけられます。 その反対に見るからに健康に悪…

続きをみる

専門家などの詳しい人が言っていたことであれば、正しいことなのではないか?とすぐに信用してしまうような人がいると思います。 それは権威への服従原理という名称がついており、実際に心理分析で用いられている概念なのです。 専門家など詳しい人が証言していることに関しては…

続きをみる

人は第一印象に左右されてしまう側面がある生き物ですが、そういった点はいろいろな面で見出すことができます。 ビジネスにおいては、営業をするときに特にこういった心理状況を活用できます。 営業をするときにはアンカリング効果を意識して、戦略を練っていくと良いのではない…

続きをみる

本日は、自分のしたことは自分に返ってくる。そんな、鏡の法則についてお話ししたいと思います。 みなさんは「鏡の法則」という言葉をきいたことありますでしょうか。 私が「鏡の法則」と聞いて1番に思い浮かぶのは、2009年にネットで公開され話題になり、その翌年に書籍化…

続きをみる

今日は、みなさんもよく知っているメジャーリーガーの大谷翔平選手についてお話させていただきたいと思います。 彼は、二刀流で知られるとても素晴らしいプレイヤーですよね。しかし、ただただ才能だけでここまでの選手になれたのでしょうか。 努力の天才というよりは、努力の仕…

続きをみる

私が歴史上の人物で最も尊敬する人は、諸葛亮孔明です。 彼は、中国で最もスケールが大きい「三国時代」で活躍した、当時の中国最大の知将として活躍しました。 彼は、三国時代にて、主の劉備玄徳に従う名軍師であり、当時、劉備のライバルである魏の主・曹操や呉の主・孫権と比…

続きをみる

この週末、皆様はいかがお過ごしでしたか? 私は久しぶりに読書をしてみました。 読んだ本のタイトルはゴールデンスランバー、著者は伊坂幸太郎さんです。 実写映画化され、そちらもヒットしていますので、ご存じの方も多いかと思います。 伊坂幸太郎さんと言えば緻密に構成さ…

続きをみる

本日は、携帯料金の見直しについてお話したいと思います。 皆さんの生活の中で、家賃や住宅ローンの次に大きく負担になっているものは何だと思いますか? それは、通信費だと私は思います。現在、携帯の大手キャリアのスマホプランは高いなと感じているのが大半だと思います。 …

続きをみる

私は、受付でお客様と直接お話をする機会が多く、老若男女、さまざまな方々が来訪されます。 先日、ある出来事がきっかけで、日頃、数多くのお客様を接遇しなければならない状況であっても、お一人お一人の特徴や個性に応じて臨機応変に応対することの大切さにあらためて気付かさ…

続きをみる

健康維持のため、何かトレーニングでもやろうかと思っています。 例えば、腹筋や腕立て伏せを1日100回。 これ、運動慣れしていない人にとってはかなりハードな目標ですよね。 でも、「その100回を一度にやる必要はない」ってご存知でしたか? 1回セットあたり20回、…

続きをみる

昨今はうつ病になる人が多くいます。 以前は甘えや怠けという言う人もいましたが、研究が病として認識されてきました。 うつ病は心の風邪みたいなもので、誰でもなる可能性があるのです。 過度なストレスがかかることで発症しやすくなりますが、発症しやすい条件があるようです…

続きをみる

仕事をやるときにどうしてもモチベーションが上がらないことがあります。 嫌だと感じる仕事をやる必要があるとなれば、どうしてもやる気が上がらないのです。 しかし、嫌だと感じている仕事を進んでやりたくなるように感じる状況を作ることは可能です。 それは仕事をタスクとし…

続きをみる

本日の朝礼のテーマ「2020年東京オリンピックで注目している種目」についてお話ししたいと思います。 私が注目している種目はたくさんありますが、全部を話していると時間がかかってしまいますので、特に見たいものを2つに絞って発表したいと思います。 まず1つ目は野球で…

続きをみる

6月に入り湿度や気温が上がり、ジメっとした日が続くようになってきました。とはいえ、朝晩はまだ涼しい日もあります。 仕事をする上では、どうしても移動というのは欠かせません。事務職の方でも、絵鵜業の方でもオフィス内、オフィス外問わず、皆移動をしています。 この時期…

続きをみる

暖かくなると、八百屋や果物屋、スーパーなどで桃が出回ります。 自宅の近所にある商店街の果物屋では、季節の旬の果物が手前に置いてあり、買い時がわかります。 果物の中でも、桃が大好きな私は、食べごろや甘さを教えてもらい、旬の時期になると、よく買います。 大好きな桃…

続きをみる

どうしても秋から冬にかけて、栄養が偏りがちになりますが、ハウス栽培が可能になり、1年中食べられる食材が増えました。 大根もそのひとつですが、季節によって味や鮮度が変化します。 さまざまな品種がある大根は、11月~2月の冬の時期におおむね旬を迎えます。 水分が多…

続きをみる

女性の中でも、特にダイエットをしている方にとっては、とてもカロリーが気になります。  買い物をするとき私も、あれば「カロリーオフ」と表示された食品を買っています。 「カロリーオフ」のほうが「よい」と思ってしまいがちですが、大きな落とし穴が潜んでいます。  あま…

続きをみる

 私の知り合いの30代の男性で、片道一時間くらい電車に乗って会社に通勤している人から聞いた話です。  通勤時間が長いのはたいへんなんですが、幸いにも都心の自宅から地方の会社への、いわゆる逆方向通勤だったため、わりと電車が空いています。 毎日席に座って通勤できて…

続きをみる

先日、ある商品を買おうと思い買い物に行きました。 ただ、機能やデザインまでは決めていなかったのでお店に着いてから考えようと思っていました。 1軒目のお店で対応してくださった店員さんは、どういったものを探しているのか聞いてくださって 「こういうデザインのものはい…

続きをみる

零戦の開発過程では、発注元である海軍と製作会社の三菱の間で打ち合わせが当然行われます。 その一つが計画説明審議会という会合です。 三菱側設計主任である堀越二郎ももちろんこの会合に出席しています。 この場で堀越は、海軍から要求されていた主な性能、航続力・速度・格…

続きをみる

我が家にはホワイトボードがあります。普通、家庭にあるホワイトボードは家族への伝言だったり、何かのメモを書いたりするところだったりしますから、それほど大きなホワイトボードではないかもしれません。むしろ、「自宅に大きなホワイトボードがあっても何に使うのでしょう。」…

続きをみる

かつてテレビドラマ化された作品を新たにやり直すことをリバイバルというそうです。音楽などは、オリジナルの作品とはまた違ったよさのあるリバイバルもあります。このようにオリジナルがあって、それをまねることによってオリジナルとは違った魅力をかもし出すことができれば、そ…

続きをみる

4月というのは日本では新年度にあたり、学校では入学式、会社では入社式が行われます。 新年度ということで、新たなスタートといった雰囲気を感じながら生活をしていく人が増える時期です。 その新年度という部分が、実は多くの人の消費行動に影響するのです。 新年度というの…

続きをみる

毛髪の痛みや抜け毛などは、皆さん誰もが避けたい問題でしょう。 今では頭髪スパなど、髪のお手入れは女性だけの問題ではなくなってきました。 男性は抜け毛への恐怖が常について回ることは、女性の皆さんも理解していると思います。 では、抜け毛はどうやって予防すればいいの…

続きをみる

障がい者雇用促進法が成立してから久しく、来年も障がいを持った方が新入社員として皆さんと一緒に働きます。 法定雇用率が2%からさらに引き上げられる見通しで、今後さらに皆さんと一緒に働く障がいを持たれた方々も増えてくるでしょう。 その際に、遠方から都内に上京し、慣…

続きをみる

皆さんは、灌仏会という行事をご存知でしょうか。毎年4月8日に行われるこの行事は、仏教の開祖であるお釈迦様の誕生を祝うもので、一般的には「花まつり」という名称で親しまれています。お釈迦様は花畑で生まれたとされていることから、色とりどりの花で飾られた「花御堂」と呼…

続きをみる

この時期というのは暑いという時期でもないですし、そうかといって寒いという時期でもなく、過ごしやすい時期ですよね。ただ、外に出るのにはやはり一枚何かを羽織っていこうかなという風に考える時期です。 このような時期の服装も日によって変えなければならないので厄介ですが…

続きをみる

お彼岸の季節になりました。皆さんはきちんとお墓参りをして先祖を供養しているでしょうか。 忙しい業務の毎日ですが、先祖をないがしろにしてはいけません。 皆さんのご家庭でも、おはぎやぼたもちなどといった季節の風物詩を購入することは多いと思いますが、おはぎとぼたもち…

続きをみる

皆さんは、牡蠣がお好きでしょうか。私はとても好きです。 牡蠣はとてもおいしい食べ物ではありますが、食べられる時期や旬を見極めるのが難しいともいわれます。 牡蠣を食べられる期間の目安として、日本で伝えられている言葉が「花見過ぎたら牡蠣食うな」というものです。 お…

続きをみる

4月になり、当社にも新入社員が入社しました。 この季節になると、自分が新入社員だった頃を思い出します。 学校を卒業したばかりで、アルバイトの経験はあるものの、社会人としての知識はほとんどなかった私に、指導役の先輩は、本当に根気よく仕事を教えてくれました。 若さ…

続きをみる

春が本格化し、花粉症を持っている社員にはつらい時期になりました。 花粉症はアレルギーとしては最も一般的で、統計では男性の花粉症有病率は35.7%、女性は41.8%と非常に高い罹患率です。 花粉症になったことがないという人は全体の51.1%で、花粉症が治ったとい…

続きをみる

3月といえば国公立大学の合格発表です。もちろん、その前に私立大学の合格発表もありますよね。国公立大学受ける生徒のほとんどはを私立大学を第一志望にするのではなく、国公立大学を第一志望にしているのではないでしょうか。 しかし、首都圏に住んでいる人の場合は少々様子が…

続きをみる

3月といえば、世間では卒業式などという甘ったるい行事で学生諸君は最後の学生生活を楽しめる時期ですので、海外に行ってハメを外している人たちもいるかもしれません。しかし、会社では人事異動での引越しの時期なのです。 ただ、会社によっては人事異動といっても今まで通って…

続きをみる

三月は他の月より重要な月だと自分は思っております。 出会いと別れ、終わりと始まり。学校や社会人、転勤等による引越し。新天地での新生活。会社等は年度末になります。様々な要因で慌ただしい月とも言えると思います。しかし、良い意味ではいい「経験」をする月だとも思われま…

続きをみる

コンピューターウイルスを駆除している会社の3月あたりに多いスピーチの内容です。 スピーチを行うのはその会社のエンジニアを統括しているチーフになります。 まず、アルバイトに向けたスピーチです。 「3月に入り何々というコンピューターウイルスが増加の傾向です。お客様…

続きをみる

毎年3月頃になると、徐々に花粉が強くなってきて、花粉症に悩まされる人も多くいると思います。 花粉症というのは非常に辛いもので、毎年苦労をしている人が多くいるのではないでしょうか? そんな花粉症に対しては、いろいろな品を使って少しでも状況をマシにしようと試みる人…

続きをみる

毎年3月というのは靖国神社のサクラの開花宣言が行われる時期です。 多少前後しますが、3月中に行われることが多く、春の訪れを知るいい機会になっていると言えるでしょう。 サクラというのは日本人にとって非常に馴染みが深い花であり、花見を楽しむ人たちが毎年多くいるよう…

続きをみる

1925年の3月22日というと、日本でラジオ放送が開始された日です。 ラジオというのは、当時の国民の娯楽の1つとなっており、その後テレビが登場してからも大衆の楽しみの1つとなり続けました。 現代では娯楽があまりにも多様化し続けたため、相対的にラジオを楽しむ人の…

続きをみる

今日から3月に入りましたね。三月といえば異動や卒業等の別れの行事が多い季節ですが、本日は花粉症についてお話出来ればと思います。 毎年ですが、私は花粉症から風邪をひくことがあります。 もともと花粉には敏感な方なので、花粉症には毎年なりますが、毎年と言っていいほど…

続きをみる

山本五十六元帥の名言を読み解くと仕事に役に立つ。 「やって見せて。言って聞かせて。させて見せて。褒め てやらねば。人は動かじ」 新人に仕事を教える場合、自分自身が相手の立場になっ て、先ず仕事のやり方をやって見せてやり、ちょっと理 解したかを言って聞かせてやり…

続きをみる

3月といえば別れの季節というイメージがありませんか?卒業式は3月ですし、多くの会社では人事異動もある時期です。 私は高校の時の卒業式が忘れられません。 高校は自分の地元から少し離れたところにあり、卒業したらもう会わない人もたくさんいました。 だからか、とても不…

続きをみる

2月8日は針供養の日です。針供養という行事はどのような行事かみなさんご存じでしょうか。 針供養は「事八日(ことようか)」と呼ばれる神事や祭事にあたります。その日は神様を迎えいれるために慎みを持って過ごす日とされてきました。東日本では妖怪や疫病神が訪れないよう魔…

続きをみる

2月と言えば、バレンタインの季節であり、チョコレートが特に売れる季節と言えます。 最近はチョコレート以外のものを贈る場合もあるようですが、それでもやはり主役はチョコレートになるでしょう。 このチョコレートというのは、当然バレンタインの季節が近づいてくるとよく売…

続きをみる

2月には建国記念の日という祝日がありますが、この建国記念の日は2月11日と決まっています。 その年によって具体的な日付が変わる祝日も多くありますけど、建国記念の日に関しては日付が毎年固定されており、何曜日になるか?分かりません。 しかし、そういったことがあるせ…

続きをみる

2月というと入試のシーズンであり、この時期は私立大学の入試時期のピークです。 そして、大学を受験する人などは地方から東京に出てきて、1人で孤独に受験と戦うというシーンも毎年恒例です。 地方から出てきて大学受験をするときには、ホテルなどに宿泊するということがよく…

続きをみる

2月3日は節分の日です。その日は自分の家の周りに豆をまき、決められた方角に向けて恵方巻きを食べて新しい季節を迎えます。特に子どもたちにとって楽しい行事です。その人たちはこれからも節分を楽しめば人生はうまくいくと思います。 節分は新たな季節を迎えるための行事です…

続きをみる

2月3日は節分の日です。そこで自分の家の周りに豆をまき、決められた方角に向けて恵方巻きを食べて新しい季節を迎えます。特に子どもたちにとって楽しい行事です。その人たちはこれからも節分を楽しめば人生はうまくいくと思います。 節分は新たな季節を迎える行事です。その日…

続きをみる

冬が本格化し、皆さんも毎朝の通勤がつらいことと思います。 かといって遅刻するわけにはいきません。なので前日の疲れをいかに睡眠などで取り去るかが最も大切です。 疲れを取るには温かいお風呂が最も良いでしょう。 外の寒さに縮んだ身体がほぐれていき、家のお風呂ながら心…

続きをみる

新年が明け、心新たに仕事に取り掛かりたいと思う私ですが、きっとみなさんも同じように思うのではないでしょうか。 そこで、仕事に向き合ううえで「目標」の導入をお勧めします。 その目標設定について、私が感じていることをお話しさせていただきます。 目標は大切なもので、…

続きをみる

1月の祝日に「成人の日」がありますね。 地域の新成人が一堂に集められて行う成人式は、埼玉県のある地域で行われたお祭りが発祥とのことです。 それが全国に広まり「成人の日」が制定されました。 大人になったことを自覚し、自ら生き抜こうとする青年を励ます日が成人の日で…

続きをみる

まずは皆さん、明けましておめでとうございます。お正月はゆっくりできましたか。地方に里帰りしてまったりできましたか。 私は正月太りでこれからダイエットでも頑張ろうかなと思っています。 久しぶりの仕事で頭が働かないかも知れませんが、今日も朝からエンジンかけてがんば…

続きをみる

毎年1月には成人式が行われ、多くの新成人が式に参加します。 とはいっても、彼らの目的は必ずしも成人式への参加ではないでしょう。 成人式への参加というのは確かに多くが行っているものではありますが、彼らの目的は実はそこではないということが多いのではないでしょうか?…

続きをみる

1月には多くのデパートなどのお店で福袋が販売されます。 福袋というのは、何が入っているか?分からない宝くじ的な感覚で買うという、ワクワク感を楽しめるところが特徴です。 欲しいものが入っている保証はないものの、楽しさを味わえるというところが福袋の魅力なのでしょう…

続きをみる