今日は、みなさんもよく知っているメジャーリーガーの大谷翔平選手についてお話させていただきたいと思います。

彼は、二刀流で知られるとても素晴らしいプレイヤーですよね。しかし、ただただ才能だけでここまでの選手になれたのでしょうか。
努力の天才というよりは、努力の仕方をしっかりと吸収し、自分のものにする天才なんだと考えました。

高校時代に将来の目標をマス目を使ったシートに記載し、行動するといった習慣が身に付き、プロに入ってからも実際に投手と打者それぞれを
どのようにバランス良く成長させていけるのかを球団としっかりメニューを組みながら模索し続けた結果なのではと思います。

そうやって、考え方や取り組み方などが知識としても吸収できそれらを着実に行動として起こしていけたからこそ、今の大谷翔平選手があるのではないでしょうか。

これは、仕事に置き換えても同じことが言えると思います。
向かうべき目標に対して、どのような道筋を立て、どのような行動をとっていくのかでゴール時の質や期日が変わってくると意識し、
最善の方法を自分のまわりとしっかりと話し合い、実現してくことこそ大切なんだとあらためて思いました。

大谷翔平選手個人を作り上げるのも、チームとして行っています。なおさら仕事を完結させることは、チームで行わなければいけません。
ジャンルは違いますが、これから仕事に対しどう取り組むべきか大変参考になるきっかけを与えてくれた大谷翔平選手に感謝しつつ
本日のあいさつとさせていただきます。