仕事をやるときにどうしてもモチベーションが上がらないことがあります。
嫌だと感じる仕事をやる必要があるとなれば、どうしてもやる気が上がらないのです。

しかし、嫌だと感じている仕事を進んでやりたくなるように感じる状況を作ることは可能です。
それは仕事をタスクとして捉え、その仕事を終えることに対して自分で報酬を用意するということです。
仕事に対してどれだけやる気を見出せなくても、それを終えること自体に魅力を感じる状況があれば、やる気は出てくるはずです。

常套手段ではあるかもしれませんが、これはかなり効果的と言えるのです。
自分で自分にご褒美をあげるような形で、仕事を全て終わらせたら何か好きなものを買っても良いようなルールを作ると良いです。
そういう動機づけをすることで、嫌な仕事をきちんと終わらせるメリットが見つかりますから。

また、普段は買えないような、買う気が起きないような欲しいものでも、嫌なことを一生懸命頑張ったのだからという点を理由にすると買いやすくなります。
辛いことを乗り越えたことのご褒美としてなら良いのではないか?と思える可能性が高まるので、欲しいものを買いやすくなるというメリットも同時に得ることができます。

私自身これからいろいろな仕事に取り組む機会があると思いますが、全てにおいてモチベーションを見出すのは難しいと思います。
したがって、その仕事に真面目に取り組むための動機づけをきちんと行って、真摯な態度で仕事に取組み、完了させようと思える状況を作っていきたいと思っています。