こういったスピーチもそうですが、人前で話すことが苦手という人は案外多いのではないでしょうか。
またそれと同時に人前で話すのは苦手だけど人前でうまく話せるようになりたいと思っている人も多いです。

家族や友人などの親しい間柄や心を許せる人との会話では何の問題もなくても、会社や何らかの場でのスピーチなど友人らほど距離感が縮まっていない相手に向けてだと緊張してしまうと思います。

上手く話すことができない要因の一つに緊張が挙げられます。
話す相手が上司や取引先のお客様、初対面の人や大勢の方に向けての発表の場など気軽に対応できないという局面において心臓の鼓動は早くなありより一層強い緊張感を味わうことになります。

こういった極端な緊張を感じる場合において話をするためには何をおいても準備を完ぺきにしておくしかありません。
準備を完ぺきにしておけば自分に自信がつきます。
成功するかわからないという場合において人はより強い緊張を感じることになります。

ですから緊張を最低限に抑えるための準備が必要なのです。
こういったスピーチにおいては人前で話すことになるのですから誰かを前にして事前にスピーチを行うのです。
事前に声に出して練習することで実際に話す内容を頭に声として叩き込むことができます。

こういった準備をするかしないかでは本番における緊張の度合いは驚嘆に変わってくると思います。
なにもせずに苦手とあきらめず、まずは練習をしていくことが大事なのは仕事にも当てはまると思います。